Foresting

大学で森林について教えています。森林は色々な面で私達に恩恵を与えてくれます。ここでは日々の生活で気がついた森林に関すること、また、木材利用などについて書いてみたいと思っています。
<< クロガネモチ(黒鉄黐) | main | ハナミズキ(花水木) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ミズキ(水木)
ミズキ

ミズキは北海道から九州まで日本一円に分布する。北に強い私にとっては、ここ山陰において数少ない馴染みの木と言える。

私が北海道で学生時代を過ごしていたときに、先輩から、この木の見分け方を教えてもらったことがある。先輩は、シカズノ、シカズノと木を指差して叫んでいたが、その時は何のことかピンとこなかった。

今日歩いていてミズキを見つけたときに、シカズノって鹿の角ということね、と合点がいった。写真のように、まさに鹿の角のような形式で枝が伸びている。

ところでミズキは切り口などから水が滴るほど、水を吸い上げることからこの名が付いた。特に春先に吸い上げる水の量は相当なもので、枝の切り口にコップを結わいておくと、一晩でコップ半分ほど(100ml)の水が貯まるという話を聞いたことがある。サバイバル知識として覚えておきたい。

山ではキツツキなどがミズキの幹をつついて水分補給をしているが、そこから滴り落ちた樹液は酵母菌により発酵し、オレンジ色になって幹にへばりつく。私は試したことはないが、これをアカッコなどと呼んで味噌汁の具にする地方もあるそうだ(↓)
http://www.pref.iwate.jp/~hp0316/n_center/topics/vol189gozonji.html
| foresting | - | 11:29 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 11:29 | - | - |









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE